日本以外でも投資が可能|海外不動産という方法

ウーマン

マンションの管理業務代行

男性

賃貸マンションを不動産投資の対象として選んだ場合は、入居者募集から家賃回収・契約更新までの管理業務を要します。マンション管理にはこの他にも入居者からの問い合わせ対応やメンテナンスなど、多くの業務が含まれます。煩雑なマンション管理は専門の管理会社に任せることで本業を持ちながら不動産投資ができるのです。

家賃滞納リスクへの対応法

積み木

マンションオーナーの主な心配事としてあげられるのが家賃滞納リスクです。家賃滞納リスクを予測するのは難しく、また実際に滞納が発生してしまった時の対応も厄介です。そうした家賃滞納リスクを回避する有効な手段となるのが家賃保証です。専門の家賃保証会社によりオーナーの不安解消が実現します。

賃料をコンスタントに

間取り

マンション経営で資金調達を行なうにしても、借主がいなければ賃料が入ってきません。しかし不動産会社に一括借り上げを依頼すれば、借主が早めに見つかりますし、借主がいなくても、免責期間後には企業には賃料がコンスタントに入ってくるようになります。ただし、礼金と賃料の一部は不動産会社の取り分となります。

外に目を向けて利益を

間取り

日本の不動産以外の投資

日本に住んでいても、海外不動産を購入して投資を行うことは可能です。日本人に人気の国としては、フィリピンやマレーシアなど今後の経済成長を期待できる国も増えています。もちろんアメリカなどの大国も、比較的不動産が購入しやすい国となっています。海外不動産を購入するメリットとしては、日本よりも安く不動産購入が可能という点があります。そのためアジアの国々で不動産を購入する日本人も多くなっており、治安などに不安が少ないフィリピンやマレーシアは格好の投資先として知られています。不動産価値も上昇しており、今後の発展も予想されます。もちろん外国人が不動産購入をする場合には、一定の規制やルールが決まっていることがありますので、確認しておきましょう。

外国の物件を買えば

海外不動産にはシンガポールなど、税金が有利な国もあります。もちろんシンガポールは土地の価格も高く設定されているため、ある程度予算が必要となります。低コストで海外不動産を購入することを目指しているのであれば、アジア各国が適しているでしょう。情報が少ないこともありますので、海外不動産を専門に扱う会社で情報収集をしたり現地へ見に行くという手段を取ることも大切です。海外不動産は大きな利益を生み出すこともありますので、日本の不動産とは違う雰囲気で投資を楽しむことができます。ローンの仕組みなども日本とは異なってきますので、まずは海外不動産について知識をつけていきましょう。専門のセミナーなども開催されています。