家賃滞納リスクへの対応法|日本以外でも投資が可能|海外不動産という方法

日本以外でも投資が可能|海外不動産という方法

男女

家賃滞納リスクへの対応法

積み木

マンションオーナーの悩み

マンション経営する上で、オーナーの頭を悩ませる問題の筆頭とも言えるのが、家賃滞納リスクです。空室率を下げるためには、できるだけ多くの人に入居してもらえれば良いのですが、いざ入居してもらったところ家賃を滞納されてしまうというリスクがあります。入居時に契約書で保証人を付けたとしても、その保証人もしっかりしていないケースもあり、家賃滞納された場合、実際には家賃回収できないケースは珍しくありません。家賃滞納者に退去を迫るとしても、労力も時間もかかります。相手が悪ければ、退去させるまで長期化する可能性もあります。マンションオーナーとしては、できるだけ多くの人に入居してもらいたいですが、家賃滞納リスクは困るという大きなジレンマがあります。

オーナーの不安解消策

そうしたマンションオーナーの不安を解消する有効な手段が家賃保証と呼ばれるものです。家賃保証とは、専門の家賃保証会社が入居者の連体保証人となり、オーナーへの家賃支払を保証する仕組みのことです。家賃保証があれば、マンションオーナーは幅広く様々な人に入居してもらうことが可能になります。例えば、事情があって適当な保証人を見つけられないような人に対しても、家賃滞納の心配が発生しないため、オーナーは安心して入居してもらうことができます。その結果、空室リスクも軽減し、マンション経営も安定します。万が一、入居者が家賃を滞納しても、家賃保証会社が立て替えて家賃を支払うため、家賃収入が途絶えることはありません。最終的な家賃滞納リスクは家賃保証会社が背負うことになるため、オーナーにリスクは生じません。オーナーにとっては家賃滞納リスク回避の有効な仕組みといえます。